Various policies

各種方針

  • コンプライアンス宣言

    日本精機グループの一員として、より一層社会から信頼される企業集団となるために、コンプライアンス重視の経営に取り組み、社会の責任ある存在として法令および倫理を遵守し、健全な企業活動の実践を心掛けております。
    私たちはコンプライアンス行動指針を制定し、取締役をはじめ従業員一人ひとりがその行動指針に基づいて行動することにより、社会から信頼される企業集団を目指します。
    また、お客様に満足していただける価値の高い製品・サービスを提供することにより、社会の繁栄に貢献して参ります。
    更に、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力およびその団体に対しては、毅然とした態度で対応し、一切の関係を持ちません。
    今後も継続的な改善を図り、コンプライアンスを重視した企業活動を営んでいくことを宣言致します。

    2009年4月1日
    日精サービス株式会社

  • コンプライアンス行動指針
    I.コンプライアンス理念

    1 法令を守る

    ・業務に関係する法令の内容を正しく理解し、遵守します。

    ・業務遂行において、法令の内容についてわからないことがある場合には、法務、行政機関、社外の専門家等に確認します。

    ・法令で求められている行政機関への報告や届出は、適切に行います。

    2 会社のルールを守る

    ・社内規則の内容を正しく理解し、遵守します。

    ・社内に発信される連絡事項をきちんと確認し、速やかに対応します。

    ・社内規則や連絡内容について不明点がある場合には、立案部門または主管部門に確認します。

    ・社内規則で決められている報告や届出は、適切に行います。

    ・インサイダー取引およびその疑いを持たれるような株式売買は行いません。

    3 約束を守る

    ・株主、顧客、消費者、債権者、仕入先、従業員などに対して、会社の代表者または担当者として約束したことを誠実に守るよう、適切に業務を行います。

    ・約束にあたって情報提供する際は、事実に基づく情報・根拠のある情報・正確な情報を提供し、相手の誤解を招かないよう努めます。

    4 秘密を守る

    ・社内規則に従い、細心の注意をもって秘密情報を取り扱います。

    ・書棚やロッカーの施錠、退室時の施錠、文書の管理、パソコンのパスワード管理など、セキュリティ管理を適切に行います。

    ・会社や取引先の秘密情報、顧客や従業員などの個人情報を漏洩したり、会社規則に反して持ち出したりしません。

    ・他人のプライバシーを尊重します。

    5 嘘をつかない

    ・事実はありのまま受け止め、事実と異なることを他人に情報提供したり、報告したり、記録に残したりしません。

    6 隠し事をしない

    ・マイナス情報を隠蔽したり、実態以上に見せて誤解を与えるようなことは行いません。

    ・マイナス情報であればあるほど迅速、確実に「報・連・相」を実行し、最善策の立案に寄与します。

    ・情報を開示、提供、報告等すべきときは、適切な時期に適切な方法によって、正確な情報を開示、提供、報告します。

    ・公正・正確・タイムリーな情報開示によって、社会とのコミュニケーションを充実させます。

    7 見て見ぬふりをしない

    ・ハラスメント行為や部内での不正などを発見した場合には、社内での自己の所属、立場、責任の範囲等に囚われず、上司または内部通報窓口に通報します。

    8 人のせいにしない

    ・問題が発生したときは、責任回避の方法を考えるのではなく、迅速確実な解決方法および再発防止策を考えます。

    9 問題から逃げない

    ・問題の芽は発見次第摘み取り、早期に解決します。

    ・帳簿の書き換えなど、不正行為を強要しません。強要されても断固として拒否します。

    10 いじめをしない

    ・性格、性別、年齢、身体的特徴のほか、出生、国籍、学歴、信条、宗教、人種、民族、知的身体的障害、病歴、趣味、社会的地位など、個人の特徴を形成するあらゆるものをそれぞれの個性として尊重し、認め合い、一人ひとりが平等であるという考えの下に行動します。

    11 差別をしない

    ・差別用語とみなされる言葉や、誤解を招くおそれのある表現あるいは用語を使用しません。

    12 公私混同をしない

    ・会社の資産や経費を個人のために使用したり、持ち帰ったりしません。

    ・会社での立場と私的な個人としての立場にけじめをつけます。

    ・パチンコ店への出入りや飲食など、長時間におよぶ私的行為は、制服のままで行いません。


    II.企業倫理の実践

    1 社会との関係

    ① 社会貢献

    ・連帯感と責任感を持ち、創造性と勤勉性に基づく業務遂行を通じて、会社の経営理念(顧客の立場に立って価値の高い製品を提供することにより社会の繁栄に貢献する)をより高いレベルで実現するための努力を継続します。

    ・「企業は社会の一員として責任ある存在である」ということを常に念頭におき、法令および倫理を遵守し、日々の業務を行っていきます。

    ・良き企業人であると同時に、社会とのつながりを大切にする良き市民であることを心がけます。

    ② 交通安全

    ・飲酒運転は絶対にしません。またお酒を飲んでいるにも拘らず、運転しようとする人がいたら必ず制止します。

    ・飲酒運転をするおそれのある者に対して、酒類や車両の提供を行いません。

    ・万が一、交通事故の加害者になった場合は、被害者の救助を最優先させ、自らが被害者になった場合であっても誠実に対応します。

    ・陸上輸送、営業、配達業務に携わる会社の一員として、人に優しい運転に努めます。

    ・5S3Y運転を守り、安全運転に努めます。
    5S運転「スピード(法定速度ヨシ)・シグナル(信号青ヨシ)・ストップ(一時停止ヨシ)・シートベルト(着用ヨシ)・酒(厳禁ヨシ)」
    3Y運転「ゆとり運転・譲り合い運転・予知運転」

    ③ 環境保全・保護

    ・研究、開発、製造、販売、廃棄等製品のライフサイクル全般を通して、廃棄物および汚染物質の最少化と適切な処理に努めます。

    ・リサイクル製品の購入やペーパーレスに積極的に取り組むなど、資源やエネルギーの効率的利用と再資源化に努めます。

    ・デッドストックの防止、歩留り向上で省資源に貢献し、地球環境の保全に取り組みます。

    ④ 適正取引

    ・不公正・不合理な取引慣習を排除し、自由・公正・透明な取引・協力関係を通じて、取引先との信頼関係を保持します。

    ・各国の競争法を遵守し、カルテル・談合・市場分割など競合先との調整行為は一切行いません。

    ・仕入先や協力工場には、良識と誠実さをもって接し、不正・不当な要求はしません。

    ⑤ 贈収賄・違法な利益供与等

    ・国内外のあらゆる取引において、法令に違反する贈収賄、違法な利益供与は一切行いません。

    ・接待・贈答は、「接待・贈答に関するガイドライン」の定めに従います。

    ⑥ 安全保障貿易管理

    ・国際的平和と安全の維持を妨げるおそれのある武器や兵器となり得るものや、これに関連する技術の輸出を行いません。

    ・軍用/軍事に転用される危険性のある貨物/技術であるか不明な場合は、NS安全保障貿易委員会に問い合わせます。

    ⑦ 政治団体・行政府諸機関との関係

    ・政治団体・行政府諸機関との公正な関係を維持し、違法行為を疑われるような活動を行いません。

    ⑧ 反社会的勢力との関係断絶

    ・社会の秩序や安全に脅威を与える総会屋、暴力団、ブラック・ジャーナリズム等の反社会的行為に関わらないよう、社会常識と正義感を持ち、良識ある行動に努めます。

    ・反社会的勢力及びこれらと関係のある人や団体とは、関係を持ちません。

    2 他の社員との関係

    ① 快適な職場環境づくり

    ・一人ひとりの個性、能力を尊重し、その個性、能力を存分に発揮できる職場環境づくりを目指します。

    ・他の社員に迷惑をかけるようなハラスメント行為等は行いません。

    ・職場の6S(整理・整頓・清掃・清潔・躾・習慣)を徹底して行います。

    ・喫煙に関するルールやエチケットを守ります。

    ② 職場の安全衛生

    ・食の事業に携わる会社の一員として常に健康を管理し、万一体調不良の際は直ちに適切な処置を受け、職場に影響を及ぼさないように努めます。

    ・職場に危険な箇所はないか、不安全な作業をしていないかに気を配り、これに該当する事実を発見した場合には、直ちに適切な処置をとると同時に上司へ報告します。

    ・災害が発生したときは、人命の安全を最優先しつつ、被害の拡大防止に努めます。

  • 品質方針

    当社は車載関連部品を主とした物流管理事業と地域密着型商品の販売事業を核とした活動をするに当たり、品質第一の考えのもと輸配送・保管・荷役・包装・流通加工の総合物流と地域密着型商品の企画・販売の全ての領域において、顧客ニーズを満たす業界一の品質・サービス・安全・安心を提供し続ける企業を目指し、以下の方針に従い活動します。


    ① 社会的責任(法の遵守)及び顧客要求事項に対し、期待通りであるか分析・評価し、顧客満足度の向上を目指します。

    ② 業界一の総合力(Q 品質・C コスト・D 納期・S 安全・S サービス)の確立を目指します。

    ③ 品質方針を達成する為に、品質目標を事業計画の中に設定し展開を図り、定期的にレビューいたします。

    ④ これらを達成するために品質マネジメントシステムの継続的改善に取組み、適切性持続のため、方針レビューいたします。

    2020年10月1日
    日精サービス株式会社
    代表取締役社長 小林 智行

  • 労働安全衛生方針

    当社は、安全の理念である「人間尊重」を基盤に、車載関連部品を主とした物流管理事業と地域密着型商品の販売事業を核とした多義にわたる事業活動を通じ経営理念を実現するとともに、これらの活動を通じ「労働安全衛生」の継続的かつ積極的な取組みを向上・推進し、労働災害の撲滅を目指します。
    特に「労働安全衛生」は経営の基盤となる重要課題の一つとして位置づけ、従業員ひとりひとりのたゆまぬ安全意識の高揚につなげるものとします。


    ① 全ての事業領域において、関係法令等の遵守と安全目標の達成に取り組みます。

    ② 全従業員が「安全第一」の安全行動意識を高めるため、責任と行動をさらに促す仕組み作りに努めます。

    ③ 全部門で職場の潜在的危険性や有害性をリスクアセスメントにより調査・評価し、未然に排除する行動に努めます。

    ④ 安全衛生活動の管理システムを有効に機能させ、積極的に改善を進めます。

    ⑤ 経営のグローバル化の一環としてグループ各社、各職場の実情に合致した、きめ細かな安全衛生活動を事業計画に折込み推進します。

    ⑥ 従業員の心の健康管理は、従業員とその家族の幸福な生活のために、また事業場の生産性及び活気のある職場づくりのために重要な課題であることを認識し、メンタルヘルス不調への対応だけでなく、職場でのコミュニケーションの活性化などを含めた広い意味での心の健康づくりに取り組みます。

    2020年10月1日
    日精サービス株式会社
    代表取締役社長 小林 智行

  • 道路交通安全方針

    当社は、車載関連部品を主とした物流管理事業と地域密着型商品の販売事業を核とした活動をするに当たり、人命尊重・地球環境保全の理念のもと、法を遵守した安全な輸配送サービスを社会的責任と捉え、死亡および重大負傷事故発生の撲滅を目指します。


    ① 輸送や移動の安全を確保するために、道路交通安全に関する目標を設定のうえ、具体的な改善策を策定し推進します。

    ② 道路交通安全に関する具体的な改善策の有効性は、定期的な監査によるPDCAサイクルの運用で確認を行い、継続的改善を推進します。

    ③ 道路交通安全に関する法規制やマナー等、コンプライアンス遵守を徹底します。

    ④ これらを達成するために、道路交通衝突事故の削減に向けた活動の継続的改善に取組み、適切性持続のため、方針レビューします。

    2021年4月1日
    日精サービス株式会社
    代表取締役社長 小林 智行

  • 環境基本方針
    I.環境宣言

    当社は、かけがえのない環境保全の重要性を認識し、事業活動の展開・遂行に当たって、省エネルギー化・省資源化に取組むことにより地球環境保全の一端を担う企業を目指し、持続可能な豊かな社会の繁栄に貢献します。


    II.当社の環境方針

    当社は、車載関連部品を主とした物流管理事業と地域密着型商品の販売事業を核とした活動をするに当たり、資源の有効利用と環境保全を目指して、以下の環境方針に従い環境保全活動を行います。


    ① 会社全体で順法活動を行うに当たり、各部門別に管理すべき法令規制を特定し、これを監視し、改善します。

    ② 全社及び各部門は、環境目的・目標を定め、業務の効率向上を通じて環境改善活動を展開します。又、環境目的・目標は定期的に見直し、必要に応じて改訂を行います。

    ③ 各部門が主体となって、特に以下の項目を考慮して環境改善並びに維持管理計画を立て、達成の評価、見直しを行い、継続的な改善を図ります。
    (1)物流管理事業の輸送時における「リッター当りの走行距離の向上」を図り、省燃費、省資源化を推進します。
    (2)食彩事業の製造段階に亘って、材料、資源のムリ、ムダ、ムラの排除並びに廃棄物の発生量、発生額を減らし、分別・リサイクルを推進し、資源の節約を図ります。
    (3)全部門で電気、燃料、水、紙等の天然資源の節約を推進します。

    2020年10月1日
    日精サービス株式会社
    代表取締役社長 小林 智行

  • 食品安全方針

    当社は「食」を提供する企業として安全・安心を最優先に、内部および外部のコミュニケーションを重視し、高品質の製品の提供を行い、お客様の信頼を得ることにより、当社の存続・発展を目指し、以下の方針に従い活動します。


    ① 関係法令の遵守および顧客要求事項に対し、期待通りであるか分析・評価し、お客様に安心してお召し上がりいただける商品を提供します。

    ② 食品安全方針を達成する為に、食品安全目標を事業計画の中に設定し展開を図り、定期的にレビューいたします。

    ③ 食品安全マネジメントシステムの継続的改善に取組み、適切性持続の為、方針レビューいたします。

    ④ 経営のリーダーシップのもと、全社員を対象として「食品安全」と「品質重視」のための教育・改善活動を推進し、品質の向上に努めます。

    2020年12月4日
    日精サービス株式会社
    代表取締役社長 小林 智行

  • プライバシーポリシー

    1 法令の遵守

    日精サービス株式会社(以下、「当社」)は、各種サービスのご提供に当たり、個人情報に関する法令を遵守し、個人情報の適切な取り扱いを実現いたします。

    2 個人情報の取得について

    当社は、偽りその他不正の手段によらず適正に個人情報を取得いたします。

    3 個人情報の利用について

    当社は、個人情報を以下の利用目的の達成に必要な範囲内で利用いたします。

    以下に定めのない目的で個人情報を利用する場合、あらかじめご本人の同意を得た上で行います。
    (1)物流、保険、石油商品、食彩事業、広告宣伝等当社サービスの提供
    (2)お取引先との見積・打ち合わせ等に必要な連絡
    (3)各種商品・サービスに関する情報提供
    (4)就職希望者の採用選考活動、またそのための本人連絡

    4 個人情報の安全管理について

    当社は、取り扱う個人情報の漏洩、滅失または毀損の防止その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。

    5 個人情報の第三者提供について

    当社は、個人情報保護法等の法令に定めのある場合を除き、個人情報をあらかじめご本人の同意を得ることなく、第三者に提供いたしません。

    6 個人情報の開示・訂正等について

    当社は、ご本人から自己の個人情報についての開示の請求がある場合、速やかに開示を致します。その際、ご本人であることが確認できない場合には、開示に応じません。
    個人情報の内容に誤りがあり、ご本人から訂正・追加・削除の請求がある場合、調査の上、速やかにこれらの請求に対応致します。その際、ご本人であることが確認できない場合には、これらの請求に応じません。
    当社の個人情報の取り扱いにつきまして、上記の請求・お問い合わせ等ございましたら、下記までご連絡下さいますようお願い申し上げます。
    【連絡先】日精サービス株式会社
    プライバシーポリシーに関するお問合せ

    7 本プライバシーポリシーの変更

    本プライバシーポリシーの内容は変更されることがあります。変更後の本方針については、当社が別途定める場合を除いて、当サイトに掲載した時から効力を生じるものとします。


Company info
会社案内