ABOUT US

時代を象徴する媒体、デザインがもたらす付加価値、企画を起こすイノベーション、広告とはー。

時代を象徴する媒体 八木/これからの広告について、まず外せないのがWEB広告。私たちもWEB広告をオススメする機会が随分と増えたと感じます。TV(CM)もやはりローカルに根強い人気を誇っていますね。
池田/単純なWEB広告以外でも、チラシからYoutube動画へ誘導する等のメディアミックスの面白い企画もよく見かけます。
前原/TV番組等で司会者が「詳しくはホームページでチェックしてみてください」と言うのは今では当たり前ですよね。常に情報が得られるWEBは、まさに情報社会を象徴する媒体といっても過言ではなくなりましたね。
山田/媒体が多様化しているので、私たちもどの媒体をチョイスして販促企画を作るか、複雑さと面白さが両立しています。

デザインがもたらす付加価値 八木/デザインがWEBアクセスや商品販売の起因にもなるけれど、2人はどうやって付加価値をつけるようにしているの?
押見/僕たちは黒子ですが、クライアントの顔を作る役目でもあります。全ての媒体で、イメージアップ、来店促進や商品が売れるように繋げたい。だからこそ俯瞰して物事を考えた時、エンドユーザーのことをしっかり考えられているかどうかが、大事な付加価値だと思ってデザインしています。
中山/クライアント「らしさ」も大事。「あ、あそこのブランドだ。知っている。」と、ブランディングの観点からも一目でわかるようにしてあげたいですね。特に、ローカルはそういったことが大切になってくる。押し付けがましいデザインはしたくないし、してはいけないと思って、僕たちチームはデザインしていますね。

企画が起こすイノベーション 池田/企画もクライアントと徹底的に話し合って、理解度を深めた上で提案していく。クライアントから「本当にやりたいことが見えてきた」と言っていただけると嬉しいです。
山田/無駄な広告を打つリスクも少なくなりますしね。これって実はすごく大切なことなんですよね。
八木/クライアントのビジョンを明瞭化した上で、尚且つ私たちもヒアリングした情報を十二分に活かす。こうした取り組みが良い企画や広告に繋がってくる。
前原/企画した内容が、会社内で社員たちのモチベーションに繋がって、知らない間に相乗効果をもたらした事例もあり、企画がイノベーションを起こすと言っても過言ではないと思います。